燃焼ボディには「熱」が必要

体温を上げる方法

本来人間は36.5℃くらいが平熱と言われています。

しかし近年低体温の人が増えてきており、免疫力が低下するなど、健康上に問題を抱える人が増えてきているようです。

体温が低いと基礎代謝も低下しますから、新陳代謝が悪く、太りやすくもなります。

低体温だとダイエットにも成功しないというわけですから、これは解消しておきたいところです。

低体温の原因として言われているのは冷たい食べ物、飲み物、甘いものの食べ過ぎや自律神経の乱れ、ストレスや運動不足など、多岐に渡っています。

その中の1つにビタミンやミネラル不足というものがあります。

ビタミンとミネラルが不足すると何故低体温になるのかというと、ブドウ糖をエネルギーに変化させるには亜鉛やセレン、マグネシウムといったミネラルやビタミンB1、B2などが必要不可欠だからです。

最近の食事はどうしても加工食品に頼りがちになっています。

またファストフード、インスタント食品など、タンパク質や脂肪、糖分を過剰摂取してしまいがちになっているのです。

食べないという無理なダイエットのせいでミネラルやビタミンはさらに不足します。

体温を上げたいのであれば、ミネラルやビタミンを積極的に摂って、体質を改善するしかないでしょう。

ビタミンミネラルのオススメ食材は牡蠣です。

亜鉛などのミネラルが豊富で、なおかつビタミンB1、B2も含まれていますし、海のミルクと言われるだけあって栄養素が豊富です。

日常的に牡蠣を食べることはあまりないかもしれませんが、食べる機会があれば、しっかり食べておきましょう。

またビタミンなどはサプリメントで摂取することでカバーすることが出来ます。